エアコン使用前にエアコンクリーニングを

久しぶりにエアコンを使ったら、嫌なニオイがした経験はありませんか?
嫌なニオイの原因は、エアコン内部の『カビ』です。
冷房を使うと、内部に水滴が付きカビが発生します。
また、ホコリもカビが発生する原因のひとつです。
そのままエアコンを使うと、汚れた空気を部屋中に送ってしまうことになります。

エアコンのクリーニングが必要な理由

エアコンの内部が汚れたままの状態で使い続けると、嫌なニオイがするだけではなく、カビが体内に入ることでアレルギー症状が出る可能性もあります。
エアコンの内部で繁殖したカビは、クリーニングをしないと取り除くことができません。
しかし、自分でエアコンの内部を掃除するのは難しいです。

自分でクリーニングをするのが難しい理由

自分でクリーニングをする場合、エアコン用の洗浄スプレーを使うのが一般的です。
スプレーでカビや汚れを落とすことはできますが、洗剤が内部に残ると新たなカビの原因になってしまうため、完全に洗い流す必要があります。
専門業者の場合は、エアコンのパネルやカバーを外して、高圧洗浄機を使うので洗剤が残ることはありません。

クリーニングをする時期はいつが良い?

エアコンを多く使う時期の前に、クリーニングをするのがおすすめです。
しかし、6〜7月は需要が多いため早めに連絡しましょう。

クリーニング前に準備すること

脚立や作業に使う道具を置けるくらいの、作業スペースを確保しておきましょう。
エアコン周りの他に、浴室や洗面所での作業もあります。
養生する(シートなどで覆う)ので汚れることはありません。

エアコンの内部を汚さないために

エアコンの内部に、カビが生えないように使う方法をご紹介します。

・定期的に換気をして、きれいな空気と入れ替える
・冷房を使った後は、1時間くらい『送風(内部クリーン)』にする
・長期間使わないときはカバーをかける

古いエアコンの場合は

古いエアコンはクリーニングをするより、買い替えた方が良いかもしれません。
エアコンの部品が劣化していると、クリーニングの際に壊れる可能性があります。
発売から10年以上経つと、交換部品が無く修理できないこともあります。
また、新しいエアコンに交換すると、電気代が安くなるメリットもあります。
きれいな空気の中で過ごすために、ぜひ一度エアコンの状態を確認してみてください。

名古屋にある弊社は、業務用エアコンのメンテナンス・修理を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についてのご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

どこに頼んだらいいか分からない工場工事・メンテンナンスはお任せください!

メールでのお問い合わせ:メールフォームからお問い合わせください お電話からのお問い合わせ:052-692-3565(9:00~18:00 土・日・祝日を除く)