エアコンを使用しながら換気する方法

みなさんこんにちは!今年も暑さが猛威を振るい始めてきましたね。

熱中症予防はできていますか?
それと同時にコロナウイルスの感染拡大の波が再び訪れているため、“密集・密接・密閉”の3密を避けることも意識しなければならないですよね。
特に密閉空間で過ごすことは感染拡大リスクが高まるため、普段から意識的に避けている方も多いはず。しかし、最近の猛暑の中ではエアコンの効きを重視しするせいで、充分な換気が行えているか不安な方もいるのではないでしょうか?

そこで今回はエアコンを使用しながら換気する方法を3つご紹介致します!

まずは一番簡単な方法である24時間換気システムを正しく使うことです。
これはみなさんのご自宅が2003年7月以降に建てられた建物であれば必ず付いている換気機能です。
仕組みとしては取り付けられている給気口から外気を取り込み、排気口から排気を行うというもので、1時間で室内の空気の半分以上を入れ替えることが基準とされています。
しかし、外気が入ると暑い(または寒い)などの理由で換気口を閉めてしまったり、オフにしてしまう方が多いです。24時間換気システムは常時オンにし、フィルターの掃除・交換を定期的に行うことで正しく活用しましょう。

2つ目は1時間に5分から10分窓を開けて換気する方法です。
2つの窓を開けること(その中でも対角線上に位置する窓)が理想的ですが、もし部屋に窓が1つだけの場合はドアも開けて扇風機などを窓の外に向けることも効果的です。
また、窓がないお部屋に関しては部屋のドアを開けて扇風機などを部屋の外に向けた状態でトイレや浴室の換気扇を回すことで換気が行えます。
ここでポイントなのが、換気は時間よりも回数を重視した方が効果的だということ。2時間に1回10分の換気を行うよりも、1時間に1回5分の換気を2回行う方が充分な換気を行う事ができます。

最後に台所の換気扇を使った換気法です。
台所の換気扇は住宅の中でも排気量がとても多いため、台所からなるべく離れた窓を開けながら換気扇を回すと充分な換気を行う事ができるでしょう。また、先程挙げた2つ目の窓を開ける換気法と併用することで、より効果的な換気になります。

以上がエアコンを使用しながら換気する方法でした。熱中症にもコロナウイルスにも気をつけながら夏を乗り切りましょう!

名古屋にある弊社は、業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ