夏は業務用エアコンが故障しやすい!?

暑い日が続いていますが、皆さんエアコンを活用していますか?
電気代がかかるからなどの理由でなかなかつけない人もいるのではないでしょうか。暑いのを我慢しすぎると熱中症にかかる可能性が高くなるので、エアコンを活用して対策をしてください。

今回は、夏の時期には欠かせないエアコンが夏に壊れやすい理由をご紹介します。

夏にエアコンが壊れやすいのはなぜ?

夏に壊れやすくなる理由は、フル稼働をする時期だからです。
使用時間も長時間になりますし、設定温度も外気温に比べて低くなります。

エアコンは、設定温度に到達するまでに多くの電力を使用します。外気温と室温の差が大きい夏は夏以外と比べて消費電力が大きいです。
消費電力が大きいとエアコンにかかる負荷も大きくなります。そのため、エアコンが壊れやすくなります。

室外機の設置場所も関係する?

エアコンに負荷をかけないことが故障を防ぐのに大切ですが、室外機も大きな負荷がかかり故障に繋がることがあります。

室外機は背面から空気を吸い込み熱交換器を通して正面か空気を排出しています。もし、室外機の周りに物や汚れがあると熱が溜まりやすくなります。そのため、暑い空気が室外機周りに残ってしまい、排出したばかりの暑い空気を室外機が吸い込んでしまいます。
これが原因でエアコンの負荷になり冷却能力の低下や故障に繋がります。

室内機の掃除だけではなく室外機も掃除を行い周りにごみや物がないようにしましょう。

エアコンのトラブル防止

エアコンのトラブルを防止するために下記のことを行っておきましょう。

・エアコンのクリーニング
・夏前の試運転

エアコンクリーニング

エアコンの効きが悪い時や異音などがするときは、エアコンクリーニングをしてください。エアコンクリーニングのやり方は、別の記事で紹介しているので一度見てみてはいかがでしょうか。 自分でエアコンクリーニングを行うのもいいですが、2年に1回はプロにお願いするのがおすすめです。

夏前の試運転

暑くなる前に行いたいのが試運転です。
試運転を行うことでちゃんとエアコンが効くか異音や異臭など確認することができます。
試運転のやり方は、別の記事で紹介しているので一度見てみてはいかがでしょうか。 試運転を行っておけば、故障していても修理をしてもらうことができます。夏はエアコンが故障しやすい時期なので、エアコン修理を行う業者も繁忙期になります。そのため、夏にエアコンが故障してもすぐには修理をしてもらうことができないと想定されます。

まとめ

夏はエアコンに負荷がかかりやすいのでクリーニングや試運転などを行い使用するのがいいでしょう。
エアコンを使用して夏を乗り越えましょう。

名古屋にある弊社は、業務用エアコンのメンテナンス・修理を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ