業務用エアコンには定期点検の義務があります。

「フロン排出抑制法」を知っていますか。
業務用エアコン等のすべての機器に3か月ごとの簡易点検と一定規模以上の機器に1年または3年ごとの有識者による定期点検が義務付けられています。

2020年4月に施行された改正後のフロン排出抑制法では、違反内容によっては直接罰となる可能性があります。

フロン排出抑制法とは

業務用エアコンを含む冷凍冷蔵・空調機器の多くにはフロンガスが使用されています。このフロンガスが大気中に放出されると地球温暖化に大きな影響を及ぼします。そのため、2001年にフロン回収破壊法が制定され、機器の廃棄時にフロンガスの回収・破壊することが定められました。

フロン排出抑制法は、2015年4月にフロン回収破壊法の名称を改正し施行されました。改正されたフロン排出抑制法では、フロンガスの製造から使用、廃棄まで管理することが求められるようになり、機器ユーザー(管理者)にも点検や漏えい時の報告が義務付けられました。

また、2020年4月に施行された改正後のフロン排出抑制法では機器廃棄時のフロン類の適正な引渡等も義務付けられるようになりました。

簡易点検と定期点検を適切に行わないと罰を受ける可能性があります。そこで今回は、定期点検について詳しくご紹介いたします。

定期点検とは

定期点検は、十分な知見をもった有資格者に依頼をしてください。

十分な知見を持った有資格者とは…。

冷媒フロン類取扱技術者の資格を保持している者等
機器の構造・運転方法・保守方法、冷媒の特性・取扱方法、関連法規等に関する講習を受講した者等が十分な知見を持った有資格者です。

点検の頻度は、機器の規模によって異なります。
製品区分 区 分 点検頻度
業務用エアコン 当該等機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力が50kW以上の機器 1年に1回以上
当該等機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7.5kW以上50kW未満の機器 3年に1回以上
業務用冷蔵機器・冷凍機器 当該等機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7.5kW以上の機器 1年に1回以上
ちゃんと点検・対策できているのか不安がある方は1度ご相談ください。フロン類の専門家が対応させていただきます。

弊社は、名古屋で業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。また、フロン類の回収も行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたい、フロン類を回収したいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ