半導体不足でエアコンの入り替えが遅くなるかも!?

2020年になってから半導体不足が世界的に問題になっています。
半導体は、パソコンやエアコン、洗濯機など私たちの身の回りにある電化製品に使われています。そんな半導体が不足すると生産への影響が出てこれからの季節に活躍するエアコンの製造もできなくなってしまいます。

半導体とは

半導体は、電気を通す金属などの導体と電気をほとんど通さないゴムなどの絶縁体との中間の性質を持つシリコンなどで出来た物質や材料のことです。
パソコンやスマートフォンなど身近にある家電製品に使われており、デジタル社会には欠かせないものです。

なぜ不足しているの?

半導体が不足している原因として2つあります。

半導体工場の火災

2020年10月と2021年3月に大手2社の半導体工場で火災が起こり業界に大きな影響を与えました。
2020年10月に火災が起こった工場は、自動車などに搭載する音響機器や通信機器向けのICを主に生産していました。今回起こった火災でクリーンルーム内が激しく損傷し復旧まで1年以上かかると言われています。
2021年3月に火災が起こった工事は、自動車に使われる最先端の300mmウエハーを生産していました。半導体工場の火災では前代未聞の大火災でした。

コロナ禍の半導体需要

新型コロナウイルスが流行して在宅勤務や外出自粛で巣ごもり需要が続いています。
在宅勤務やリモート授業は、家電やパソコン、タブレット端末など電化製品の活用を一気に加速させました。
また、家庭用ゲームの需要や5Gの復旧に向けた通信機器の増産によって半導体の需要は高まっていましたが、工場の火災で需要が追い付かない状態になりました。

さらに、海外の半導体工場も冠水や大寒波の影響で減産を強いられ半導体は世界的に品薄状態になりました。
半導体工場ラインの増設には時間がかかるので、世界的な不足は2022年いっぱいまで続くという予想があります。
なので、エアコン導入を考えている方は、納期に余裕をもって対応したほうがいいです。

弊社は、名古屋で業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。また、フロン類の回収も行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたい、フロン類を回収したいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ