簡易点検はいつするのがいいの?

現在、業務用冷凍空調機器に使われているフロン類の多くは「代替フロン」といわれオゾン層を破壊しないものに転換されています。
しかし、代替フロンは地球温暖化に与える影響が大きく排出削減が課題となっています。

フロン排出抑制法は、平成27年4月に施行され、チラーを含む冷凍空調機器の簡易点検・定期点検が義務化されました。

フロン排出抑制法とは?

フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)は、フロン類の製造から破棄までライフサイクル全般に対して包括的な対策を実施するため、フロン回収・破壊法を改正して平成27年4月に施行された法律です。
令和2年4月1日より改正フロン抑制法が施行されています。

第一種特定製品(業務用冷凍空調機器)の管理者の方には、以下の事項を定めた「第一種特定製品の管理者の判断の基準」の遵守を通じて、使用時におけるフロン類の漏えい防止に取り組むことが求められています。

簡易点検と定期点検の違い

簡易点検は、冷凍冷蔵機器と空調機器を運転状態でおこなう点検で、目視による点検が主になっています。
定期点検は、専門業者が測定器などを使用して行う点検のことで、圧縮機の定格出力が7.5kw以上の冷凍冷蔵機器と空調機器が該当しています。

今回は、簡易点検について詳しくご紹介していきます。

簡易点検

簡易点検は、少なくても4半期に1度、目視などで機器を点検しなければいけません。

業務用エアコン

業務用エアコンは室外機と室内機の点検が必要です。室外機の異常音や油のにじみ、室内機の霜に注意をして確認してください。
点検項目
室外機異常振動・異常運転音
油のにじみ
キズの有無、熱交換器の腐食、錆など
室内機熱交換器の霜付きの有無


冷凍冷蔵ショーケース・業務用冷凍冷蔵庫

冷凍冷蔵ショーケース・業務用冷凍冷蔵庫には様々な種類があり、屋内だけではなく屋外にも室外機が設置されている場合があります。
点検項目
室内機ショーケースや業務用玲瓏冷蔵庫の温度
ショーケース内部の熱交換器の霜月の有無
ショーケース内部の熱交換器や配管の油のにじみの有無
ショーケース周辺の油のにじみ
室外機機器の異常振動・異常運転音
機器室外機の周辺の油のにじみ
室外機のキズの有無、熱交換器の腐食、さびなど
業務用玲瓏冷蔵庫熱交換器(凝縮器・冷却器)の霜付き、油のにじみの有無(室外機)
冷凍機周りの油のにじみ、異常振動、異常運転音


弊社は、名古屋で業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。また、フロン類の回収も行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたい、フロン類を回収したいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ