エアコンはつけっぱなしがいいの?こまめに消した方がいいの?

みなさんこんにちは!最近暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか?

こんな暑い日はエアコンの下で冷たい風に当たるのが最高ですよね。(笑)

ちなみに経済産業省によると、夏の昼間(14時頃)の在宅世帯の電気使用量のうちエアコンの占める割合は58%にも及んだそう!だって真夏にエアコンを使用しないなんて不可能ですもんね。
しかし、ここで不安なのがエアコンのせいで電気代が高くなること。
どうしたら少しでも電気代を抑えながらエアコンを使用できるのかと考えたことは誰にでもあるはずです。そのためにはエアコンはずっとつけっぱなしの方がいい、あるいはこまめに消した方がいいといったこれら正反対の意見を聞いたこともあるはず。

そこで今回は電気代節約のためにエアコンはつけっぱなしがいいのか、あるいはこまめに消した方がいいのかをご説明していきます。

まず、エアコンの電気代がいつ一番かかるのかご説明します。それは、室温を下げ設定温度にするまでの間です。
そのためエアコンの温度が設定温度になった、あるいは少し涼しくなったなと思ってすぐにエアコンをオフにし、また暑いと感じたらスイッチを入れると再度エアコンが設定温度まで室温を下げなければなりません。
要するにこまめなオンオフは余計な電気代を生む事になるんです。

そこでエアコンの電気代を節約するためには、自動運転でつけっぱなしにすることが推奨されます。エアコンの自動運転は、通常運転と比べて短時間で設定温度まで室温を下げ、それ以降は送風や微弱運転機能で室温を一定にしてくれるので無駄な電気代が浮くんです!

ではエアコンの電気代を節約するためには24時間つけっぱなしがいいのでしょうか?

答えは半分合っていますが、しかし正解ではありません。
間違っているのは24時間という部分です。エアコンのつけっぱなしに効果的なのは30分程度のちょっとしたお出かけや、外気温と設定温度の間に大きく差がある時です。
外がそんなに暑くない時や比較的涼しい夜間などは30分程度のお出かけでもきちんとオフにしたほうが良い場合もあるのです。少し判断が難しいかもしれませんが、これでみなさんのご家庭の電気代の節約に少しでも力になれれば幸いです!

名古屋にある弊社は、業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ