エアコンには専用コンセントが何で必要なの?

エアコンには、専用のコンセントが必要だと知っていましたか?
火災原因のTOP3にコンセントがランクインしています。なので、コンセントの知識を身に着けて安全に使用していきましょう。

専用コンセントが必要な理由

なぜエアコンには専用のコンセントが必要なのでしょうか。それは、下記の理由があります。

・火災などの事故防止
・ほかの家電が故障するのを防ぐ
・頻繁にブレーカーが落ちないように

では1つずつ説明していきましょう。

火災などの事故防止

消費電力が大きい家電をほかの家電と同じ回路で使用すると配線に負荷がかかり、配線から発熱をして火災が起こることもあります。
実は、エアコンは消費電力が冷蔵庫や照明、テレビに続いて4番目に大きい家電です。冷蔵庫や照明も専用のコンセントを使用しているのを見たことがあるかもしれません。
消費電力が大きい家電は専用のコンセントになっていることが多いので、エアコンにも専用のコンセントが必要なのです。

ほかの家電が故障するのを防ぐ

エアコンがほかの家電と一緒の回路を使用していると、エアコンが使用する大きな電力がほかの家電にも流れ、故障の原因に繋がることもあります。
小さな電力を使用する家電だと、大きすぎる電力に対応ができないため故障してしまいます。なので、エアコンには専用のコンセントとブレーカーが必要なのです。

ほかの家電が故障するのを防ぐ

エアコンとほかの家電が一緒の回路を使用していると電力が高まりブレーカーが頻繁に落ちてしまいます。
なので、ブレーカーが落ちないようにエアコンには専用のコンセントが必要です。

まとめ

今回はなぜエアコンには専用のコンセントが必要なのかご紹介しました。
次回は、専用コンセントの確認事項をご紹介します。


名古屋にある弊社は、業務用エアコンの設置や修理、メンテナンスを行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ