使っている業務用エアコンが修理できなくなるかも?

今使っている業務用エアコンが修理できなくなるかもしれないこと知っていますか?
今回は、修理できなくなる業務用エアコンの特徴をご紹介します。

業務用エアコンの特徴

約20年前の業務用エアコンは修理が難しくなります。約20年前の業務用エアコンは、R22冷媒を使用している場合があります。
R22冷媒は、国際連合環境計画の「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」に基づいて2020年には実質的な全廃が決まっていました。
そのため、R22冷媒を入手することが困難になり価格高騰で業務用エアコンを修理することが難しくなります。

今使用している業務用エアコンがどの冷媒を使用しているか分からないときは、室外機の名盤シールをご確認ください。
室外機が設置されている場所によっては、確認するのが危険な場合もあります。その際は、確認をやめてください。

対象の場合、早めの更新を

もし、R22冷媒を使用している場合、業務用エアコンの修理ができずに入り替えが必要な時があります。
冷暖房を使用するシーズンは工事が混みあってしまい取り付けに時間がかかってしまいます。そのため、早めの入れ替えをご検討してください。

また、長年使用している業務用エアコンは、エネルギー消費量が大きいです。なので、更新をすると消費電力量が約半分削減できるかもしれません。

弊社は、名古屋で業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。また、フロン類の回収も行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたい、フロン類を回収したいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ