エアコンの台風対策は何をしたらいいの?

今年も台風の時期が到来しましたね。
もうすでに様々な地域で大きな被害をもたらしている台風。お住まいの地域に台風が近づくにつれて心配になり、窓の補強をしたり、雨戸を閉めたり、お家の周りのものを移動させたり様々な台風対策をするご家庭が多いと思います。

そこで忘れがちなのがエアコンの台風対策について。

今回はエアコンの台風対策には何をすれば良いのかをお話ししていきます。
台風時にはいつもより湿度が上がるのにも関わらず、雨戸を閉め切って過ごさなければならないので室内が蒸し暑くなりやすいですよね。
なのでエアコンの使用頻度が上がります。しかし台風時のエアコンの使用は最悪の場合、故障に繋がってしまうため使用を控えた方がいい場合があるんです。
まずエアコンの台風対策をご紹介する前に、そもそもエアコンの使用を控えた方がいい場合をお話しします。

それは風速が30m以上の場合です。

理由は風速30m以上の強風がエアコンの室外機に吹き付けると故障の危険性が高まるからです。
そもそもエアコンメーカーが風速30m以上でのテストを実施していないため、風速が30m以上になりそうな場合はエアコンの使用を控え、室外機にカバーを被せる対策が必要となります。
これにより室外機のプロペラ破損の予防ができます。
次に風速が30mに達しなくてもするべき台風対策についてです。
それはドレンホースの詰まりを取り除き、風が入ってこないようにすることです。もしドレンホースにホコリや汚れが溜まっていると水が流れにくい状態を引き起こし、台風の強風とともに室内機から水漏れすることに繋がります。
そのため、ドレンホース内のつまりは台風前にあらかじめ取り除いておきましょう。また、ドレンホースに風が入ってこないようにする理由と方法についてですが、理由は想像しやすいと思います。
強風がドレンホースから侵入すると水漏れをはじめとする様々なトラブルを引き起こすからです。
方法については、逆流防止弁をドレンホース先端に固定するだけです。逆流防止弁を取り付けると、室内機からの排水と同時に外からの風の通過を阻止してくれます。

これらで台風時のエアコンの水漏れや異音の対策ができます!
以上がエアコンの台風対策についてでした。

名古屋にある弊社は、業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ