冷房を使う時期の目安は何?

みなさんこんにちは!蒸し暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

最近はコロナウイルスの流行によりテレワーク、オンライン授業などが多く活用されるようになりましたね。そのため多くの人の在宅時間が増えました。
それに伴って室内の温度や湿度などの環境は、自分で調節しなければなりません。上手く冷房を活用し、快適に蒸し暑い夏を乗り切りたいですよね。
冷房は夏に欠かせないものですが、実際いつから使えばいいのかあまり明確には知られていません。そこで今回は冷房を使う時期の目安についてお話し致します!

まず適度な室内温度と冷房の使用開始時期の目安についてお話しします。
日本気象学会によると、28度以上の環境では熱中症への厳重警戒が必要だと言われています。そのため、運動時では一般的な冷房の使用温度である25度〜28度でも熱中症への警戒が必要となります。室内温度の適温は28度以下ということですね。
しかし、涼しければ涼しいほど良いわけではありません。
外気温と室内温度に大きな差があると自律神経の不調につながり、頭痛やだるさ、食欲不振や睡眠不足といったいわゆる「クーラー病」を引き起こすからです。暑い日には設定温度の下げ過ぎにご注意下さい。よって、外気温が25度以上になる時期、大体6月下旬からが冷房の使用開始時期となります。もちろん九州・沖縄などの地域ではもっと早くなります。
続いて温度調節についてです。
在宅時間が長くなればなるほどエアコンによる冷えに疎くなってしまいます。室温は1日の中でも深夜・早朝・日中と変化する外気温によって上下するため、1日の中でも状況を見て調整しましょう。

特に赤ちゃんや高齢者などの体温調節が苦手な人がいるご家庭では、注意しながらこまめな温度調節をしましょうね。

以上が冷房を使う時期の目安に関するお話しでした。
暑くなり始めたけどまだ大丈夫かなと思いながら冷房の使用を我慢していると熱中症になりかねません。適度に冷房を使用してこの蒸し暑い夏を乗り切りましょう!

名古屋にある弊社は、業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ