エアコンのクリーニングは春におすすめです

この時期になると名古屋ではエアコンの暖房を使わない日が増えてきます。
心地いい気温は5月初旬までで、いきなり暑くなるのが近年のパターンになっています。
春と秋が短くなっているのは、温暖化の影響だと思います。

みなさんはエアコンを冷房で使うのはいつごろからでしょうか?
今回はエアコンのクリーニングを春におすすめする理由を説明します。

エアコンを冷房で運転すると、ドレン水が発生します。ドレン水とは室内機の熱交換器で結露した水分のことです。ドレン水は室内機のドレンパン(受け口)に集められて、ドレン配管(ホース)で屋外へ排出されます。

ドレン水がスムーズに流れてくれれば、問題ありませんが水の流れが悪くなると室内機のドレンパンから水が漏れてきてしまいます。これがよくあるエアコンの水漏れとなります。

この水漏れの修理依頼が多いのは5月~6月となります。
理由は昨シーズンまでの冷房運転で排出されたドレン水の一部が、暖房シーズンを経て乾燥し配管内で水垢となります。この状態で冷房運転をすると、水垢がドレン水で戻されて膨張します。膨張した水垢がドレン配管内の一部に集まり塞ぐことで水漏れが発生しやすくなります。

水漏れは2次的な被害を引き起こすことも多いです。
みなさんのお宅や会社のエアコンの真下に大事なものは置いていませんか?
ドレン水が電化製品にかかってしまい故障することや、大事な書類が水浸しになったお客様をたくさん見てきました。また、業務用エアコンで天井裏が水浸しになったときもありました。

たかが水漏れですが、発生した時の被害がかなり大きくなることがあります。

思わぬ出費にならない為にも、春先にエアコンクリーニングをお勧めする理由となります。
また、クリーニングをしない場合で今年初めて冷房を使用するときは、万が一に備えて水が漏れても大丈夫なように養生などをお勧めします。
クリーニングの頻度は使用状態によって違いますので、お気軽にお問合せください。

弊社は、名古屋で業務用エアコンのクリーニング・修理・点検・設置工事など空調関連のプロです。お電話またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ