高機能換気設備って、どんなもの?

高機能換気設備とは

新型コロナウイルス予防対策として、人が密集しやすい場所は特に十分な換気する事が求められています。
しかし空気は目には見えない為、上手に換気出来ているか不安ですよね。
そこで高機能換気設備について少し説明させて頂きます。

高機能換気設備の定義は『第1種換気』の設備を発展させたものとされています。
それではそれぞれの換気にどの様な違いがあるのでしょうか?

『第1種換気設備』→給気と排気の両方を機械で行う換気設備です。
(メリット:給気、排気に機械を使用する事で気圧差を調節可能。また給気側も空気清浄フィルターを使用すれば空気浄化が可能です)
(デメリット:コストが高い)

『第2種換気設備』→給気のみ機械で行い、排気は排気口から自然排気で行います。
(メリット:他室からの汚染空気の進入を防げます。主に手術室やクリーンルームでこの方法が使用されています)
(デメリット:冬場に機密性の低い建物で使用すると、湿度により結露発生の可能性があります)

『第3種換気設備』→給気から自然給気を行い、機械で排気を行います。
(メリット:低コストで室内の汚染空気を排出出来るのでトイレ、ゴミ置き場、工場などで利用される)
(デメリット:給気に対し排気量が多い為、室内が減圧状態となり扉を開ける際に重たくなる可能性があります)

熱交換器型とは

換気だけでなく快適な室内温度を保つ事が出来る省エネ換気システムが熱交換器型です。
オールシーズン快適な温度が保たれて、新鮮な空気が流れる環境は理想的ですね。

換気する為の換気口とは「家に空いた穴」のようなもの。一般的な「自然給気型」の換気システムでは空気と一緒に室内の熱を捨ててしまったり、逆に不快な外気を取り込んでしまう事も多いのです。
その点「熱交換換気」では、新鮮な外気を室温に近づけて給気するため、冷暖房で快適に保たれている室温を損なうことなく家中の空気を入れ換えることができます。
また湿気をコントロール出来るので、不快なジメジメや、冬場のカラカラを防ぐ事ができます。
更に、換気フィルター性能が向上しており、常に新鮮できれいな空気で部屋を満たす事が可能です。

まとめ

換気に関するご相談は、空調に関する知識と経験が豊富なミナミテクノに是非ご相談を下さい。
私達ミナミテクノも、お客様が抱える問題に寄り添い考える事が出来る会社です。
お客様の抱える問題点を、お客様にとっての理想へ繋ぐ事が私達ミナミテクノの役割と考えております。
お客様の抱える問題点を是非お聞かせ下さい。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ