秋にやっておくエアコンの冬支度

いきなり寒くなりましたね。
数日前までは半そでで過ごしていたのに今は裏起毛のパーカーを着て過ごしています。もっと寒くなったら暖房もつけようかなと思っています。
夏も大活躍してくれたエアコンなので掃除をしなければいけません。

皆さんも冬に少しずつ近づいている今のうちにエアコンの冬支度をしておきましょう。

エアコンの冬支度

夏にフル稼働したエアコンも使わなくなる時期だと思います。本格的な寒さになる前に冷房運転で溜まったエアコン内部の汚れやカビを手入れしましょう。

秋に行うエアコンの手入れは3つあります。

送風機能

夏の冷房運転の停止後は、冷房中に冷えてできた結露水が内部の熱交換器やドレンパンに残るので、湿度が85%以上もの多湿になります。カビの成長には最適な湿度になっています。
内部を乾燥させないと湿度でカビができるので送風機能を使用して内部を乾燥させます。夏が終わって使わなくなったエアコンは、送風運転をして内部をしっかりと乾燥させることが冬に快適に使用するポイントです。

エアコンに送風機能がついていないときは、室温が30度以下の時に冷房運転の設定温度を一番高くすれば送風運転になります。
送風運転は、3,4時間行うのがいいです。

フィルターの掃除

フィルターを掃除するときは、掃除機でほこりを取ってから水洗いをしてください。フィルターの自動お掃除機能を搭載したエアコンの場合、ダストボックスに溜まったほこりを取り除いてください。

エアコンパーツの掃除

熱交換器やファンなど汚れているパーツを掃除します。汚れはカビの餌になるので、汚れていたら柔らかい布で拭き取ってください。
汚れがひどい場合は、水を含ませた布でよく拭き取ってください。
エアコン内部の構造は複雑になっており手入れが難しいです。また、無理に掃除をするとエアコンが壊れてしまう可能性があるので、専門業者に掃除を依頼したほうがいいです。

ご説明したポイントを参考にエアコンの冬支度を行ってみてはいかがでしょうか。今年も冬は寒くなると思うので、エアコンを活用して快適に冬を越しましょう。

弊社は、名古屋で業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。また、フロン類の回収も行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたい、フロン類を回収したいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ