業務用エアコンの水漏れ原因と対処法

みなさんこんにちは、突然ですがみなさんは業務用エアコンからの水漏れを発見し、焦った経験はありませんか?

エアコンからの水漏れを発見するとどうしていいか分からない上に、オフィスでの業務用エアコンの水漏れであればパソコンなどの精密機器への被害、お店での水漏れであればお客様や商品を汚してしまわないかなど、水漏れによる被害が心配になりますよね。

業務用エアコンの水漏れというのは家庭用エアコンよりも被害が出やすい上に、発生した場合はすぐに対処しなければならないことが多いです。
そこで今回は業務用エアコンの水漏れ原因とその対処法について大きく2つの原因に分けてお話ししていきます!

1.1つ目の原因はエアコン内部の水を外に排出するための排水管であるドレンホースにあります。
ドレンホースはとても細く詰まりやすいという特徴があります。エアコン内部のホコリがホース内で引っかかったり、外からゴミが入ってしまうなど詰まりの原因は様々ですが、詰まってしまうと水がうまく排出されません。
するとドレンホース内で水が逆流し、水漏れが発生するのです。
あとはドレンホースの劣化も挙げられます。対処法としてはドレンホースを掃除する、または取り替えるというシンプルな方法ですので簡単そうですが、業務用エアコンの場合はドレンホースが壁の中などに隠れている事があるので見当たらない場合は業者に依頼しましょう。

2.ドレンホースに原因がない場合はエアコン内部に原因があると思われます。
室温を変える役割をしているフィンが空気を急激に冷やす中で、結露が多く発生しすぎると外に排出される前に室内に水滴が垂れてきてしまったり、フィンで発生した結露をはじめとした水分を集める役割を担うドレンパンが汚れていると溜まった水がドレンホースからうまく排出されず、水漏れに繋がります。
フィンの結露に対してはフィルター掃除やフィンの掃除を行うこと、またエアコンの使いすぎを止めることで改善されることもあります。
ドレンパンの汚れに対しても掃除で対処が可能なのですが、ドレンパンの掃除は複雑で難しいためエアコンのプロである業者に依頼することをおすすめします!

ドレンホースに原因はない上にエアコン内部のフィンとドレンパンにも原因が見つからない場合はエアコン内部の部品の故障というのもあります。
これに関してもご自身では解決できないことですのでメーカーや業者に依頼し、エアコンをみてもらい、部品交換などの適切な処置を行ってもらいましょう。

名古屋にある弊社は、業務用エアコンの清掃やメンテナンス・修理、設置を行っています。
エアコンの調子が悪い、移設をしたいなどお気軽にお問い合わせください。

業務用エアコン、工事についての ご相談・お見積りは無料です。

どこに頼んだらいいか分からない 工場工事・メンテナンスは お任せください。

お電話でのお問い合わせ

 052-692-3565

9:00~18:00 (土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ