工場をIoT化したらどうなる?

「生産性を上げるために工場にIoTを導入しよう」と言われたり考えたりしたことありませんか。でも、いざIoTを導入しようにも分からないことだらけですよね。なので、工場にIoTを導入するにはどうすればいいのかお教えします。

工場のIoT化

「スマート工場」という言葉を聞いたことありませんか。
スマート工場は、新規や既存の工場にある機械や生産ラインなどにインターネット接続をし、生産性や品質管理の向上を実現する工場のことです。

スマート工場に必要なモノ

スマート工場を構築するには、ビックデータの解析やAI、IoTの導入が必要です。具体的には、何が必要なのでしょうか。
・モノ
データを収集し発信するための端末が必要になります。工場の場合は、生産ラインの機械や設備そのものにセンサーを搭載します。これにより、機械の稼働状況や気温などのデータを発信することができます。
・クラウド
収集したデータは、ネットワークを経由して、クラウドに集約します。
・IoTプラットフォーム
IoTプラットフォームは、IoTを活用するうえで必要な機能を提供するプラットフォームです。
・施工会社
工場にIoTを導入するには、施工会社が必要ですが、IoTの導入を検討しているほとんどの方が施工会社を探すのに苦労をしています。

弊社では、IoTの導入から施工まで行っています。導入したいけどどうすればいいか分からないなど、疑問点や質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。
お電話からのお問い合わせ:052-692-3565(9:00~18:00 土・日・祝日を除く) メールでのお問い合わせ:メールフォームからお問い合わせください

スマート工場が与える影響

スマート工場のメリットは「柔軟性」です。
一般的な工場では、機械の故障などのトラブルが発生するとラインを停止することで生産が低下します。しかし、スマート工場にすると、機械が故障する前にメンテナンスを行えたり、トラブルが発生しても状況に合わせて計画を変更できたりします。

現在初回お取引キャンペーンを行っています。IoTを無料で体験できるのでこの機会にぜひお試しください。
IoT機器システムプレゼント